読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中年ひきこもり男性👨と、貧困非正規女性👩

今日も朝、道がツルツル。
と言うか、昨日の夕方からすでに凍っていた。
道も昨日より混んでいたし、怖かった~😣
今は雪が降り続いてます。この調子だと、積もりそうだ⛄(帰り、積もってました)

最近寒さ防止に、靴下は2枚履き、あとベルメゾンで買った五分丈レギンス(中はホカホカ生地🎵)、ヒートテックも極厚のものを着てます。
特に足元が冷えるので、気を付けてます。
出来ればレッグウォーマーやネックウォーマーをつけて仕事したいです(無理だけど💨)

タイトルなのですが。
私は「貧困おひとりさま」系ブログをよく読んでます。大体アラフォー世代から上の女性で、悲壮感漂いながらも、一応皆さん働いている、もしくは求職中の方々です。
一方、同世代の男性は…非正規もいらっしゃいますが、少数派。
そして、「中年ひきこもり」と言うジャンルがあるのですが、ここに属する方々が思いの外多くて驚きました。

確かに、我が家の近所にもそのような人がいます。
私の住んでる町内は、かなりパラサイト独身率が高くて、男女問わず私よりも年上も結構いる。
女性は大概働いているけど、男性は無職の人が何人かいるんですよ。

私も人の事は言えないけど、このような人たちって親が亡くなったらどうするんだろう??
親だって、決して裕福ではないのに…と他人事ながら心配になります。
まさか生活保護??
周りでも何人かいる、って事は、全国にはそれこそもっといると言うことで。
日本どうなっちゃうの?って不安になります。

でもね…まぁ厳しいのには変わりはないけど、全く仕事がないわけではないんですよ。
肉体労働やサービス残業、煩わしい人間関係などなど、ブラック臭漂う会社は確かに多いけど、選ばなければ、或いはプライドをかなぐり捨てば、仕事はある筈。

そういう意味では、女性の方がなりふり構わず働いてる気がします。貧しくったって、多少辛くったって、働かざる人食うべからずじゃないけど、生活のためにいざとなったら覚悟が出来てると言うか。

まぁ、どちらにしても、一般市民にしてみたら「ドングリの背比べ」なのかもしれませんが。

そんな私は最近、仕事が忙しいものの、30分のサービス残業続きで、報われない日々が続いてます。
いっそのこと、残金手当がつく18時まで居てもいいんだけど、そこまでじゃないんですよね。
まぁ明日からは、そこまで働かなくてはならなくなりそうなので(多分)💧💧

話は変わって、昨日の国立劇場の歌舞伎に、本物のピコ太郎さんが出演されたようですね。
それにしても亀蔵さん、美味しいなぁ😝
ピコ太郎さんとの2ショット写真📷、なかなか良かったです。
他の出演者たちは、笑いを堪えるのに必死だったようですが、昨日観られた方々はラッキーでしたね。
ピコ太郎さんにとっても、なかなかない機会だったので良かったのでは。