思わぬものに

今日は休み。
でも生憎天気が不安定で、しかも寒い😵
そんな時は、家で過ごすに限ると言うことで、クリーニングを取りに行った以外は籠ってました。
本当は車洗いたかったけど、今日は断念。
明日こそは、と思っています😃

で、DVD💿観たり、ウダウダと過ごす。
そんな中。
思わぬものに心を奪われてしまいました。
まさか私が??と思うような、誰にも言えないものに。
でも、観ると何とも言えない気分になって。
一種の快感とでも言うのでしょうか。
なので、暇になるとついつい覗いてしまいました。
何かはさすがに言えないし、家以外では落ち着いて観られないものです😅
これまでも、一旦ハマるととことんのめり込むタイプなだけに、程々に楽しみたいと思ってます。

今はWOWOWで「座頭市」観ています。
これ、観に行きたいと思ってた作品だったので、WOWOWで放映されて嬉しかった🎵
感想はまた改めて書くつもり。

今終わりました。
良かったです😆
海老蔵さんもしのぶさんも、ムチャクチャ良かった。あのお二人だから、あそこまで素晴らしい作品になったと言っても過言ではない程。
しのぶさんは女性なんだけど、所作が女形っぽくもあり、しかも3役をなんなくこなしてました(早替りもありましたしね)。全然違和感がなかったどころか、すんなり歌舞伎のお芝居に入っていました。さすが音羽屋さんの血を引くだけあります。
この前しのぶさんの特番観たとき、初日の舞台後にお母様の富司純子さんからかなりダメ出しされたようですが、初歌舞伎だから無理もありませんよね。
それでも、まさに体を張って熱演されてましたし。歌舞伎って、結構体力要りますからね。
女形は動きこそはそんなに無いけど、衣装は重いし、重心を下げたりしないといけないから(この辺に関しては女性なので大丈夫でしょうけど)。
海老蔵さんも、盲目の座頭市に成りきってましたし。目力をほとんど封印されてたものの、何度か「にらみ」のシーンもあったり、殺陣のシーンの動きも盲目らしい動きを魅せてましたし。
終盤の右團次さんとの殺陣はさすが見応えありました。
ラストは切なくなりましたが、身体中から悲しさを表現するシーンは、本当に気持ちが込もってました。
いやー、このコンビでまた歌舞伎観たいです。
毎年は無理かもしれないけど、何年かに1度やって欲しいなぁ。
夏に大阪と名古屋で公演あるんですよね。
観てもいいかも。

さて、これからブログ見よう😆