シネマ歌舞伎「やじきた」

今日も何とか無事に仕事を終え、ホッとした気分で週末を迎えています。

いつもは金曜日は図書館に寄ることが多いのですが、今日はこちらへ。

f:id:shishou08:20170609212303j:plain

昨年の夏、納涼歌舞伎で上演されたのですが、物凄く人気で、第2部にも関わらず朝イチから一幕見席の、やじきた目当てで並んでる人続出。
かなり反響が大きかったようで、こうして1年も経たない内にシネマ歌舞伎として公開される事になったようです。
私自身、期待半分、本当にそこまでなのかなと言う疑問半分な中、観に行きました。

他の地域ではかなり観客が多いようですが、金曜夜にも関わらず私を含め僅かに3人😰
土日は若干多いのかもしれませんが、かなり淋しい。
これまで何度かシネマ歌舞伎観てるけど、本当に観客が少ないんですよ💧多くても半分居るかどうか。
一度平日に行ったら一人貸切状態だった事も。
でも、あまり少なかったら打ち切られる可能性も無きにしもあらずなので、もう少しお客さん入って欲しいな。
北陸の皆さん、是非御経塚イオンまで足を運んで下さい😌

感想は…私の予想通り。
確かに断片的に面白かったり、ビシッと決めるシーンがあったり、登場人物が絶妙だったりと言う部分では見応えありましたが、正直言って皆さんが騒ぐほどとは思えなかったです。
猿之助さんも染五郎さんも、歌舞伎役者として素晴らしいですし、幅広い演目を演じられる器量もあります。
どちらかと言うと、歌舞伎と言うよりエンターテインメント的な感じ。例えば俳優祭で演じるお芝居に近いのかな。これはあくまでも私の主観ですので、気を悪くされた方、ごめんなさい🙏

それでもお二人がとても楽しんで演じられているのは画面を通して伝わってきましたし、それなりに楽しめました。
今年は澤瀉屋に縁があるかも。
ここの役者さんたちの芸達者ぶりは本当にお見事。
多分、今年の納涼歌舞伎でもお目にかかれると思うので楽しみにしてます。

金太郎君と團子君のコンビ、良かったです。
特に團子君はのびのびと楽しく演じていて、お芝居を楽しんでいる様子が伝わってきました。
情けない二人(弥次喜多)を、窮地で助ける頼もしい役どころ。片や本物の親子、片や親戚(團子君はお父様より猿之助さんに近い気がする(笑))なので、絶妙のコンビネーションでした。
若い二人は、これからたくさん共演すると思うけど、切磋琢磨してお父様と叔父様のような名コンビとなってもらいたいです。

あと個人的にニンマリしたのが、「阿弖流為弁当」(笑)まさかこの芝居で「阿弖流為」が出てくるとは思ってなかったので。
お茶屋の娘(新悟君)が弥次さん(染五郎さん)に注文した鮭の弁当を持ってくるシーンでした。
思わず「鮭リレー」を思い浮かべてしまった⬅「阿弖流為」観てる人ならピンと来るはず。染五郎さんが阿弖流為に、新悟君が阿毛斗に一瞬脳内変換されました。
あーまたやって欲しいなぁ(切実)。

今日のYahoo!ニュースで、獅童さんが無事に退院したとの記事を見て、ホッと胸を撫で下ろしました。
それにしても、獅童さんも弾けすぎ(笑)
弥次喜多に負けない位の弾けっぷり。
最後はお殿様として颯爽とカッコ良く決めた辺りはメリハリが効いてさすがです。
獅童さんに関しても色んな憶測が出てますが、今はゆっくり静養して、リハビリに励んで、1日も早くお元気な姿を拝見したいです。
しばらくは無茶できないかもしれないけど、また弾けた獅童さんが見たいっ😆

気になったのが、アラブの石油王門之助さんの鼻。
あれ、自前ですよね??
獅童さんら、他の外人役の人たちは明らかに付け鼻してましたが。
門之助さんは、元がスッとしたお顔立ちで鼻がとても高いので、どうなんだろうと思って。見ていて全然違和感ありませんでしたし。

まぁ何だかんだと言って、面白かったです。
でも、個人的には昨年の同じ納涼歌舞伎の「権三と助十」の方が笑ったかも。あれも染五郎&獅童コンビがかなりハチャメチャだったし、こちらの方が歌舞伎らしい笑いの要素があったと思います。

今年の納涼歌舞伎でも「やじきた」の続編があるらしい。今日見て決めようと思ってたけど、別にいいかな。またシネマ歌舞伎で。
ただ、同じ部の修善寺物語が観たくて。
こっちの猿之助さんの方が気になります。

そう、猿之助さんと言えば

f:id:shishou08:20170609225429j:plain

この悪巧みなお顔(笑)
秀吉にピッタリですよね。

更に

f:id:shishou08:20170609225553j:plain

この映画で、前田利家を演じられた佐々木蔵之介さんが実際に映画で着られた衣装が展示されてました。ここ石川は前田利家のお膝元ですからね。
それにしてもこの映画「花戦さ」、出演者が超豪華ですよねー。
ただ私は、野村萬斎さんの映画とあんまり相性が良くなくて💦萬斎さんご自身は嫌いではないのですが(狂言も見に行きましたし)、いつも期待外れに終わっちゃう。観るのは恐らくWOWOWで。

今度のシネマ歌舞伎は、「四谷会談」。
こちらは、昨年コクーン歌舞伎で演じた作品です。
観に行ってないので、公開が楽しみです。
これからシネマ歌舞伎で公開されるのなら、コクーン歌舞伎は行かなくてもいいかな。
渋谷が苦手なので、あまり行きたくないんですよ。
まぁ、作品次第ですね。