猿若祭2月大歌舞伎 夜の部「門出二人桃太郎🍑」

今日さんざん歩き回ったら、さすがに疲れた😵💨
まだ新幹線🚅出発まで、2時間あるんですけど💦
なので、昨日の歌舞伎の感想を。

f:id:shishou08:20170211142702j:plain

何と言ってもメインは、二人の小さな桃太郎🍑と言うことで、まずは「二人門出桃太郎」から。
これは、昔話の桃太郎を歌舞伎風にアレンジし、兄と弟の桃太郎が、犬猿雉を従えて鬼退治に行くと言うストーリーです。
歌舞伎と言うより、お遊戯会に近い?

お爺さん(芝翫さん⬅お父様(先代芝翫さんにソックリ))とお婆さん(時蔵さん)が桃を見つけて、若夫婦(勘九郎七之助兄弟)と共に桃を切ると…可愛い桃太郎🍑が。
二人とも大きな声で元気に台詞を言って、お兄ちゃんはバッチリ見得を決めてました。
動きがバラバラなのはご愛敬(笑)
さすがに一週間やって疲れているのか、勘太郎君は声がやや掠れ気味でしたし、長三郎君は自分の役目を終わったらとっとと次の動きをしたり、セリフが出てこなかったり(笑)まぁ3歳だもんね、無理もない。

勘九郎さんはさすがに一週間過ぎて、心配そうな表情こそ浮かべてませんでしたが、毎日ドキドキだろうなぁ💓

それでも、口上の時は二人ともお利口さんに座ってましたよ。勘太郎君はちゃんとお辞儀をしてましたし、長三郎君はちょこんと置物のようで可愛らしかった。
皆さんも割と心得ているからか、言葉少な目。
なのでスムーズに進みます。

初舞台の口上と言うと、尾上松也君のが凄くインパクトあって(笑)
よくテレビに出てますが、まだ小さな松也君は、あまりの口上の長さに、足がしびれてしまい堪えきれなくて前のめりに突っ伏してしまい、それでも何とか挨拶はしましたが(役者さんって凄いよね)、その後号泣😭って言うか、普通の子供だとそうなっても無理はないよね。

その後鬼退治へ。
そう言や、犬猿雉が豪華です。
染五郎さん犬、松緑さん猿、そして菊之助さん雉。
染五郎さんの犬メイクがとても可愛かった。動きもかなり研究したんだろうな。ちょうど染五郎さんよりの席だったので、楽しませてもらいました。
松緑さんも可愛めメークで、菊之助さんだけが隈取でしたね。このお3方なので、踊りも軽快。おめでたい演目ならではですよね😊
何か贅沢だなぁって。染五郎さんは、お祖父様が勘三郎さんの初舞台で、幸四郎さんが勘九郎さんたちの初舞台に出演されているそうで、親子三代で出演との事だそうです。

そして、鬼退治でも堂々とした立ち回り。
長三郎君は、ほぼ後見(いてうさん、毎日お疲れ様です💧)に抱えられて動いていた感があるけど、勘九郎さんとちゃんと対峙してましたよー。
勘太郎君は、しっかり自分の役目をこなし、かつ弟を気にしていて、健気だなって思いました。
長三郎君はここぞと言うときには、ちゃんと役目をこなしてましたよ(まさに宇宙人か👽)。

何か最後までほのぼのとした、初舞台でした。
お客さんも皆喜んでいましたし。
これから、色んな事があると思います。
それは決して良いことばかりではありません。
まだ彼らには分からないだろうけど、まだ第一歩を踏んだばかり。温かく、長い目で見守っていきたいですね。
そして、先月の市川右近君を筆頭に、ここ数年で何人かの小さな役者が初舞台を踏む事になります。
5月には亀三郎さんの息子さん、侑汰君が初舞台を踏みますし、海老蔵さんのところの勸玄君や菊之助さんのところの和史君も近々踏むでしょう。
ライバルであり仲間がたくさんいる世代になりそうなので、切磋琢磨して活躍して欲しいな。

1時間経過しちゃった。
他の演目は、また改めて書きます。