バブルの頃とは違う😥

今日は朝から空気が暑い😱☀
あちこちで真夏日になりそうだ、と言うこと。
まだ5月なんですけど…。何度も言うようだけど、夏が怖いです。溶けるか、干からびそう💦

タイトルですが、求人倍率がバブル期並みに回復しているそうです。
でもね…バブル期に高卒で
就職したおばちゃんに言わせてもらえば、あの頃と今では、仕事を取り巻く環境が大きく違います。
バブル期は、終身雇用が当たり前で、求人もほぼ正社員。今のように非正規の求人って、主婦向けのパートかアルバイトが殆どでした。

今は、求人の大半が非正規で、少ない正社員の求人もブラック若しくはそれに近いものが多い。
私はかつてハロワによく行ってましたが、正社員の求人でもボーナスなし、交通費なし、昇給なし、退職金なしとあり得ない求人が多いのですよ😰
バブル期はそんな求人って少なかった気がします。
つまり、求人の質は雲泥の差。
だから倍率がバブル期に並んだと騒ぐのは無意味だと言うこと。

だって、周りを見ていても、求人が改善したと思えませんもの。
特に40過ぎると絶望的です。
たまーに「未経験可」でも、ブラック色が強い(大体人が長く居着かない職場)。
給料安いか、残業が半端なく多いか、休みが少ないか、あとは求人票では分からないけど、人間関係が劣悪な所ばかりなんですよ。

そうなると、パートや派遣(非正規)を選ばざるを得ないのです。
あと、私の今の会社もそうなのですが、正社員として働きたくないと思える所も多いですね。
非正規なら何とか働けても、正社員だとあらゆる制約や役割が多くなり、見ていて余裕がないなと感じる事も多々。確かに給料には反映されるようですが、その分余分な負担も負わなくてはならない。
そんな社員の方々を見ていると、気の毒になりますし、その余裕のなさが職場の雰囲気を悪くしてる気がします。

以前の会社では20代未婚の若い人もパートとして働いていたけど、今はどうなんだろう。せめて若い人の求人状況は良くあって欲しいですよね。

声を大にして「バブルの頃とは違う」と言いたい。
皆さん騙されないで。
今でも多くの人が仕事がなくて途方に暮れてますよ。
たまーにハロワの求人を見るとため息出るもの🙍💨

朝、テレビで「工場男子」の特集をしていました。
イケメンかどうかは別として、皆さん目的を持ってイキイキと働いていたのが印象的でした。
小さな工場で環境は決して綺麗とは言えないし、仕事はキツい現場作業です。その代わり経験が物を言い、手に職をつけられるので、やり甲斐がある仕事とも言えます。そういう仕事に、若い人たちが前向きに取り組んでいるのを見ると頑張れ👊😆🎵って思っちゃいました。そして工場おばちゃんも負けていられないなと😅ちなみにうちの職場には、あんな「工場男子」はいないです💦平均年齢高めだから(笑)